ウイスキー

アイリッシュ

WEST CORK CASK STRNGTH[ウエストコーク カスクストレングス]

9月はアルコールを一滴も飲むことなく終了。しかしながら自分の作業デスクからの視界に転がるボトルの数々を眺めると、もう10月も10日を過ぎたし「なにか1本開けようかな」ということで本日はアイリッシュウイスキーの「ウエストコースト」開栓のメモ。
ジャパンメイド(ワールドブレンド)

FUJI GOTENBA DISTILLERY PURE MALT WHISKEY[富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキー]

去年気になって買い置きしていたキリンのブレンデッドモルトウイスキー「富士御殿場蒸溜所」を開封。商品としては限定品ですが、何が限定かというと(たぶん)ネット限定という意味。もちろんグレーンウイスキー用の蒸留器を使うことによる限定の意味合いもありそうですが。
スコッチ

Dewar’s Aged 8 years -CARIBBEAN SMOOTH- [デュワーズ 8年 カリビアンスムース]

先日メモしたスリーシップス。あまり体調がよろしくないこともあってなかなか減らず苦戦し、最終的には捨てました。まぁ好みだからね。美味しくないなと思えば断捨離もやむなし。次に飲むウイスキーをストックから選択済みでしたがこれも後回し。たまたま立ち寄ったスーパーで手にしたデュワーズの...
南アフリカ

THREE SHIPS WHISKEY AGED 5 YEARS[スリーシップス 5年]

確か4月ごろにバランタイン7年を飲んだはいいものの、テイスティングもそこそこにガブガブやっちゃって「こんど酒屋に行ったらリベンジだな」と思っており、偶然通りかかったやまやを覗いたら、なんだか見慣れないボトルがあったので...ついつい。
スコッチ

Ballantine’s 7 Year Old [バランタイン 7年]

本日のメモはバランタイン7年ですが冒頭から言い訳。絶賛介護中の身になっており激疲れの日々。正直「酒なんて喉を通ればどれでもえーがな」という心境で、ウイスキーをゆっくりと楽しむゆとりがございませんが、一応バランタイン7年の発売に合わせてやまやへ突撃し...
スコッチ

ABERFELDY 12[アバフェルディ 12年]

本日のウイスキーはハニースイートで有名なアバフェルディ。商品自体も「蜂蜜のような甘さとフルーティーさがエレガントに醸し出された極上のモルトウイスキー」と謳っております。アバフェルディのラインナップでは最もスタンダードな12年です。
バーボン

BENCHMARK NO.8[ベンチマーク NO.8]

本日のウイスキーは貰いものバーボン「ベンチマーク」です。実はぶっちゃけバーボンはあまり好きではありません。バーボン特有のガッツリと樽を焦がしたヘビリーチャー。あれこそがバーボンの個性なんですが、ぶっちゃけあれが苦手なんですよね。
謎ウイスキー

100% MALT Glen Scanlan[100%モルト グレンスカラン]

久しぶりにやってしまった。掴んではいけないウイスキー。フランスのスラウ(Slaur)という会社がいわゆるバルクのスコッチウイスキーを買い付け、フランスでガラガラポンしたものを株式会社ベルーナが輸入しスーパーなどに並んでおります。いわゆる謎ウイスキー。
スコッチ

CHIVAS REGAL MIZUNARA 12[シーバスリーガル ミズナラ12年]

2020年1月から気になっていたシーバスリーガル ミズナラ12年のメモです。気になってから口に入るまでに1年という長い道のり。美味しいという噂でしたし現行品ですから後回しでした。このシーバスですが飛行機の機内免税アイテムで必ず登場するメーカーで...
ジャパンメイド(ワールドブレンド)

MIYAGIKYO DISTILLERY Limited BLENDED WHISKY[宮城峡蒸溜所限定ブレンデッドウイスキー]

本日のウイスキーはニッカの宮城峡蒸溜所でしか買えないはずのボトルを貰ったので飲んでみました。あまり情報がないのですが先日宮城峡NAを飲んだ後なので多少期待しちゃいましたが結論から言えば宮城峡NAの方がおいしい感想です。
ジャパニーズ

SINGLE MALT MIYAGIKYO[宮城峡]

まもなく3月ですが年末年始に何を飲もうか散々悩んで買ったのがニッカウイスキーの宮城峡ノンエイジです。ニッカウイスキーはどうしても知名度が勝る「余市」や「竹鶴」に隠れ、ローカライズな「伊達、横濱、博多」ほどではないですがマイナーな印象の「宮城峡」ですが簡単に言えば余市はスモーキーで宮城峡はスイート。それを知っていても...
カナディアン

PRIVATE RESERVE C.E.O. CANADIAN WHISKY 12[プライベート リザーブ C.E.O. カナディアンウイスキー 12年 ]

久しぶりに年齢が書かれたカナダのウイスキーです。国によって売値に幅があるのですが12年という代物なのに日本ではわりと安く売っていたので買ってみました。製造販売元はフランクリン(Frank-Lin)・ディスティラーズというカナダではなくアメリカの会社。
ジャパニーズ

SUNTORY OLD WHISKEY[サントリーオールド]

本日は「だるま」で知られるサントリーオールドウイスキーです。昭和の子どもの脳裏に刷り込まれたウイスキーの代名詞といえばこのボトルだと思います。お中元やお歳暮で届く酒の定番。テレビを点ければ渋いオヤジがボトルを傾け...
スコッチ

The Naked Grouse[ザ・ネイキッド グラウス]

今日のメモはネットで飲みやすいと評判のネイキッドグラウスです。ホームページを見ますとご覧の通りインパクトのある女性がはっちゃけた姿です。直訳すると「裸の雷鳥」ですが...
ジャパンメイド(ワールドブレンド)

Suntory whisky Kakubin[サントリー角瓶]

本日はサントリーの角瓶。サントリーの角瓶なんて誰でも知ってる名前ですがラベルには角瓶と書かれておらず「1937年からやってっぞ」の主張は見ての通りですが、そもそも正式名称ってなんなの?
ジャパンメイド(ワールドブレンド)

BLACK NIKKA Special[ブラックニッカ スペシャル]

このボトルを見ると2-3回しか行ったことがない札幌すすきの交差点の看板を思い出します。いろんなブラックニッカ商品がありますがブラックニッカスペシャルは店頭で一度もお目にかからないボトルです。もちろんネット経由で購入。 商品として珍しい...
スポンサーリンク