Dewar’s Aged 8 years -ILEGAL SMOOTH-[デュワーズ イリーガルスムース 8年]

スコッチ
Dewar's Aged 8 years -ILEGAL SMOOTH-[デュワーズ イリーガルスムース 8年]
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

本日のメモは「デュワーズ イリーガルスムース8年」。買ったのは昨年。

このウイスキーはいつまでも店頭で見かけたので「ん?人気ない?理由があるのか?」と思いつつも「このシリーズは旨い」とインプットされているので買い置きしていたものをとうとう開けました。

結論から言えばおいしいのですが、ビン底に残り2センチ程度まで飲んでしまいメモを残すことなくビンも捨てられもせず、GWのお休み中に頑張って記録を残しています。

Dewar's Aged 8 years -CARIBBEAN SMOOTH- [デュワーズ 8年 カリビアンスムース]
先日メモしたスリーシップス。あまり体調がよろしくないこともあってなかなか減らず苦戦し、最終的には捨てました。まぁ好みだからね。美
Dewar's Aged 8 years -PORTUGUESE SMOOTH-[デュワーズ ポルトガルスムース 8年]
9月は禁酒月の予定でしたが、ちょっとしたきっかけで買ってしまった「デュワーズ ポルトガルスムース8年」のメモです。(つまり飲んじゃいました)

イリーガルスムースの味は、雑にいえばテキーラ樽でフィニッシュしたブレンデッドウイスキーということですが、テキーラといえば酒よりもコチラの曲が思い出される歳です。

で、私もテキーラなんて海外旅行でごく稀に飲むぐらいなのでまったく知識がなく、そもそもテキーラを樽熟成させることすら知らなかったのですが、商品名もそのままに「イリーガルメスカル」という商品があるんですね。知りませんでした。

Mezcal - Sustainably Crafted in Oaxaca Mexico | Ilegal Mezcal
Ilegal Mezcal is a beautifully balanced mezcal with a notorious history. 100% natural Joven, Reposado, and Anejo mezcal,...

よくもまぁ「イリーガル」なんてネーミングにしたものだなぁ、という謎が解けました。意訳すると「予想外にスムース」といった感じでしょうか。

 

デュワーズ 8年 イリーガルスムースの感想

買った後で知ったことですが、私が苦手とする「ピートを使わないでスモーキーさが感じられる」というのが特徴らしく、それこそがメスカル樽の特徴なんだろうと思います。

ピートというのは料理の味付けみたいなもので、泥で炊くことで、私が苦手とするあの独特の香り付きウイスキーが出来あがるわけですが、参考動画をペタリ。

なんでピートを使ってないのにピートを感じられるか?というと、イリーガルメスカルを作る時にアガベという植物を炭火で焼いてる影響だそうです。だから(飲んだことはないけど)イリーガルメスカルはスモーキーが強いそうです。その樽を使ってフィニッシュしてるせいでイリーガルスムースはほんのりピートを感じるといった仕組みです。

まぁ、そもそもデュワーズは「バーボン樽とシェリー樽で最低8年間熟成」という、製法も年数もしっかり表記できるものがリーズナブルな価格で楽しめる逸品ですから、それだけでも満足感が高まるボトルですよね。

| バカルディ ジャパン株式会社【BACARDI JAPAN】
メスカル樽でフィニッシュしたスコッチウイスキー。数量限定で発売! 熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンド後、再度熟成させる「ダブルエイジ製法」を採用し、最後にメスカル樽で仕上げるというユニークな商品。ど
国際評価 : なし

余談ですが、このラテンを感じるパッケージデザインですがライアン・マクギネス(Ryan McGinness)という方だそうで…こういうスタイルをなんてお呼びするのか存じませんが、とにかく「ショッキングピンク、ゴールド、ライトイエロー、パープル」といった色が目に飛び込んでくる印象です。(目がチカチカする)

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing arou...

さて、基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

開栓時の印象はバニラ、シナモン、そしてほんの少しカラメルのような甘さも感じました。ストレートで飲むとスモーキーさを感じますが、たしかにほんのりとした香りです。このスモーキーさがイリーガルメスカルによるものと知ると、ちょっと不思議な感覚です。でもスモーキーが苦手な私でもおいしく飲めました。ロックにするとスモーキーさが際立つ感じがしましたが甘い余韻も長く感じられ不思議な感覚。(普段スモーキーを飲まないから…)

すこし加水してもストレートの印象は壊れずですが、加水するごとにスモーキーさが出しゃばる印象ですね。甘みの強いものが好みの私にとってはストレートがおすすめ。

ハイボールは試していませんが、このスモーキー感からして炭酸との相性はよいと思います。ほんのりスモーキーなハイボールがお好みの方はビンゴでしょうね。

  • 初心者おすすめ度 : ★★★☆☆
  • アルコール感 : 殆ど気になりません
  • 喉越し : とてもなめらか。後半に向け甘みを感じます
  • 香り : バニラ、シナモン、キャラメル
  • リピートしたい度 : スモーキー好きにはおすすめ。私は好んでは買いません。

ここまで書いといてなんですが…

海外情報を漁っていると「イリーガルメスカル」によるピート感はアガベの炭焼き以外にも「ペールモルト(Pale Malt)」というちょっと特殊?なモルトが(麦芽)含まれているとありました。

その調達先が下の会社。130年以上の歴史がある会社でビール通には有名なんだそうです。

Home
Thomas Fawcett & Sons Ltd is a seventh generation family business that has been manufacturing quality malts for over 200...

おそらくウイスキー作りとしてみれば「特殊」ですがビール作りとしてみればなんら特殊ではないようですが、このペールモルトとイリーガルメスカルのWピートでこの味が出来ていると書かれたサイトもありました。

(ホントかどーか真偽不明だょ)

いずれにしても個人的に初体験の味で、このぐらい薄いスモーキー感であれば問題なくゴクゴク飲めます。スモーキー感はありますが、やはりデュワーズの特徴である飲みやすさ、甘さの方が際立っており、敬遠するほどではありません。

少しでも煙いのは苦手な方にはお勧めしませんが、ちょっとぐらいは嗜める方であれば個性として楽しめる1本だと思います。デュワーズ イリーガルスムース8年、ごちそうさまでした。

コメント