JAPANESE DRY GIN SAKURAO HAMAGOU[桜尾 ハマゴウ 2020]

ジャパニーズクラフト
JAPANESE DRY GIN SAKURAO HAMAGOU[桜尾 ハマゴウ 2020]
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

本日のメモは広島のクラフトジン「桜尾ハマゴウ2020」です。どうやら2019年からの季刊シリーズらしいのですが「そもそもハマゴウってなんやねん」と思いつつ、以前飲んだオリジナルが美味しかったので、ものは試しで購入。

SAKURAO GIN HAMAGOU2019 | SAKURAO DISTILLERY
SAKURAO GIN HAMAGOU2020 | SAKURAO DISTILLERY

マーケティングによると「平安時代からアロマとして親しまれてきたこの海浜植物をボタニカルに使用した数量限定の新商品」らしいです。

真夏の浜辺に、鮮やかな紫色の花を咲かせるハマゴウ。その爽やかな香りで、古くは香として親しまれてきました。中国醸造創業の地“桜尾”の近くに位置する世界遺産・宮島には、このハマゴウが多く自生しています。瀬戸内ならではの自然を、長いあいだ残してきた宮島。知られざる“ボタニカルの聖地”であるこの地に育つハマゴウを、厳選された広島産の素材を原料に伝統的な製法で蒸留する「SAKURAO GIN」に加えました。清涼感のある香りが豊かに広がる限定クラフトジン第2弾。

らしいです。ふーん。

平安時代というパワーワードで煙に巻かれた感があるのでハマゴウについもっと知りたい。

桜尾 ハマゴウ 2020 の感想

ネット情報をパッチワークすると「ハマゴウ」は漢字では「浜香」なんですね。なんとなく海辺から潮風とともに香ってくる(勝手な)イメージは湧きます。

この実を乾燥させたものを曼荊子(マンケイシ)と呼び清涼剤や鎮痛剤、枕に忍ばせてアロマ….なるほど。抽出したカスティシンはガン細胞を阻止するとか…ガブ飲みせねば。

冗談はともかくハマゴウ自体はアロマセラピー要素満点ですが、生命力が強く背丈が30cm-1mになるので海岸線に植えて(台風やハリケーン)水害の低減化に一役買っているそうですがウミガメの産卵を邪魔するネガティブ要素もあるんだとか。確かに邪魔そう。

ボトルカラーは花の色

まぁ、総じて自然自生だと受け入れやすい植物の印象。これが「日本三景・安芸の宮島」でわんさか獲れるので商品にしちゃえという戦略なんですね。なるほど。

JAPANESE DRY GIN SAKURAO ORIGINAL[桜尾 オリジナル]
この場所は「Brewhound Tours」という一見ビール党な名称にウイスキーのことばかりメモっているのですが、今年は「少し上質のウイスキー+ジン」の1年にしたいと思い、最初にメモるジンは広島のクラフトドライジン「桜尾オリジナル」です。

ハマゴウ以外のボタニカルは「ジュニパーベリー、アンジェリカルート、リコリス、コリアンダーシード、バニラビーンズ、キャラウェイシード」らしいです。そこに日本テイストとしてプラス6種類の広島ボタニカル。全12種類のボタニカルです。「不知火(しらぬい)ってデコポンのブランド名ですかね。

広島県産のハマゴウ、ローズマリー、不知火、ラベンダー、緑茶、スペアミント

最近ジンを飲み出して思うのですが…クラフトアルコールを作ってる地域であれば一見日本的ではないボタニカル栽培はアリでしょうね。よーく研究すれば商売になると思います。

国際評価
The Spirits Business 2020 Gold
New York World Wine and Spirits Competition 2019 Gold
New York World Wine and Spirits Competition BEST IN CLASS …etc

さて、無色透明のジンに挑戦です。アルコール度数47%はオリジナルと一緒。
基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

開栓時の第一印象はジン特有のあの香りの角が取れてやわらかくなった印象。それ以外は全く認識不能です。ストレートを口に含むと、やはりわずかに甘い。全体的にまろやか。ジン特有のとげとげしさが感じられません。どうしてもオリジナルの「いかにもジン」という味に慣れていると物足りなさを感じると思いますが、角が取れたので飲みやすさを感じます。ソーダ割にすると薄さを感じたのでストレートかロックがおすすめです。
  • 初心者おすすめ度 : ★★☆☆☆
  • リピートしたい度 : 一度飲めば満足だけど「ちょっと薄めのジン」としてはアリ

2019年と比べてないので味の良し悪しがわかりませんが、ジンとしてはまろやかで飲みやすくストレートを舌に転がしても刺激が小さく飲みやすかったです。個人的には桜尾オリジナルの方が味としては好みなので★★。

2021年3月現在で桜尾オリジナルは店頭価格で2,000円前後、ネット価格だと1,200円というのも目にしましたが、桜尾ハマゴウは一応限定商品ということでネットでも2,000円前後。その価格の割にパンチが乏しく残念な印象でした。

ごちそうさまでした。

0

コメント