口休めエントリー : 新カテゴリーとして「初心者おすすめウイスキー」を作ります

雑記
COFFEYではなくCOFFEE WHISKY
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

箸休めならぬ口休めエントリーです。

今年に入ってまもなく30本目のウイスキーですが、やっと「あ、初心者におすすめできるかも」というボトルが見つかりはじめたので「初心者おすすめウイスキー」というカテゴリーを増やすことにしました。

実は書き残してないもので開栓済みボトルも多々あるのですが、エントリーするほどでもないと思い雑に扱っておりますが、タイトル写真はウイスキーを飲みながらグラス横に置いてたカップに水が入ってるとばかり思っていたのを注ぐとコーヒーだった写真です。

ニッカウイスキーから出ているカフェスチル蒸留機で作られたカフェモルトをコーヒーモルトと勘違いされている人も多いですが、これはリアルコーヒーウイスキー。一応もったいないので飲み干しましたが旨くはないですよ。確かニッカの余市でやらかしたと思います。

ちなみにどんな酒を飲んでいたかというと…

サントリー ウイスキー ローヤル 12年 山崎蒸溜所 樽ボトル

ある意味古酒ですが美味しかったですよ。安定のサントリーです。

キリンシーグラム時代のNEWS250

かれこれ20年前のボトルですが実家の介護手伝いの折に見つけたのでガブ飲みしましたが美味しかったですよ。今思うとキリンという会社にとっては歴史を積み重ねる1ページに過ぎませんが、消費者にとってはありがたい宅飲みの1本ですよね。

まさしく消毒液「トリス」

トリスなんて買って飲むのは20代だけだと思いますが、こんなのも飲みました。正直言ってマズいですよ。ほんと。酔うためだけけの消毒アルコール的なウイスキーです。

ウイスキーなんて万を越す種類があるので死ぬまで飲みきれない数です。最近は誰もが一度は頭をよぎる「自分の生まれ年ウイスキー」なども興味深く探っておりますが、おいそれとは手出しできないお値段なのでサイトで眺めては撤退を繰り返しております。

てなことで間もなく今年も後半戦です。

今年はコロナ禍でひっちゃかめっちゃかなことになっており、銀座や新地では有り得ない(実際は有り得て笑えるんだけど)様相でおもてなししている写真とか見ましたが、あんなのメディア用ですよね。実際にプラスチック越しに飲んでると思ってる方がアホですよね。取材が帰ったら全員シールド外して飲んでますって。

まぁそんな場所のご縁もない生活を送っておりまして、懲りずに初心者にとっておいしいと思える1本を探して今後もウイスキーを楽しみたいと思います。ウイスキーのど素人が味も分からないくせにあーだのこーだの言ってますが、誰が飲んでもうまいと思えるのが一番うまいんじゃいいかなーと思う今日この頃です。

0

コメント