Maker’s Mark Red Top [メーカーズマーク レッドトップ]

バーボン
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ジャパニーズウイスキーの原酒不足が静かなる有事なのでサントリーがガンガンに推しまくっているバーボンということが伝わってくる宣伝っぷりのメーカーズマーク。今どこのお店でも見かけるボトル。販促費もすごい額でしょうね。全く興味なかったのですが手にとってみました。

本題に入る前に….

「そのうち酒でも飲もう」な相手がガンガン煽ってきます。いきなり届いた写真がコチラ。

シーバスリーガル 水楢 12年 (350ml) 1,900円(税別)

噂では聞いていたシーバスリーガルのミズナラ。都会だと成城石井でフツーに買えるんだとか。Amazonパントリーと似た値段だそうです。飲んだ感想を聞くと「特にうまい!!ていう感動はないね」ですって。チクショー。こーゆーのがあっさり入手できるのは都会生活の特権ですな。

バーボンにしては喉越しが良すぎるメーカーズマーク

バーボンウイスキーで金を出して飲みたいと思うのは「ワイルドターキー8年」とか「フォア・ローゼズ スーパー・プレミアム」辺りだと思います。ワイルドターキーはまだしもフォア・ローゼズは家飲みするには少々お高いのでガブガブ飲めません。なによりクセのあるバーボンウイスキーを頻繁に飲みたいと思わない中で「んっ‼︎これ美味いかも‼︎」と思った一本です。

あたりめをしがみながらチビチビやってみた

アルコール度数45%ということもあり飲み出したら止まらなくなってしましました。本当にバーボンウイスキーで美味いと感じることが少ない人生でハズレを引きまくった印象が強い中「やばい、リピート味だ」と感じました。小麦を使って6年熟成させるとこんなにも飲みやすい口当たりになるんですね。

メーカーズマーク レッドトップの感想

レッドトップのお酒としての評価を見つけられませんでした。これだけ口あたりが良いと何かの賞を取っていると思いますが…。

国際評価 : 無し

ゴールドトップ(Gold Wax)やカスクストレングス(Cask Strength)は呑み助からの評判が高く、機会があれば飲んでみたいと思います。本筋ではありませんが広告賞はやたらと目にしました。確かに販促物や交通広告のマーケティングに力を入れてそうですよね。

基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

ボトルを空けるのに要した日数はたったの2日間/700ml。それぐらいの美味さです。このボトルに限りませんが、独特のフォルムを意識するせいか、キャップ開封後グラスへ注ぐ際の「トクトク」というあの音。否が応でも気持ちが盛り上がってまいります。香りは少し木の感じを含んだバニラ。その次にオレンジのような柑橘系。ほんの少しレーズンのような香りも。ストレートで飲んだ印象は「とにかく喉越しがなめらか」に尽きます。最高。トワイスアップは水のように飲めそうなぐらいの滑らかさ。1:1だと薄すぎる感じがします。1:0.5ぐらいで楽しむのが私のお気に入りです。ウイスキー初心者にオススメの1本です。
  • 初心者おすすめ度 : ★★★★☆
  • アルコール感 : 45度を感じさせないオブラートに包んだ感
  • 喉越し : トワイスアップがベター。ストレートは初心者には不向き
  • 香り : 嫌味のない甘い香りがほんのりと
  • リピートしたい度 : 美味しいのでリピ買い予定
飲んだ後の余韻が自然に消える感じがいいです。適度な距離感。なんといってもバーボンを感じさせないリッチな甘さをこんな低価格で楽しめる有り難さ。
嘘じゃなく2日で空瓶にしちゃいました。ほんとうに美味かった。

あっという間に空瓶

「アメリカ旅でバーボンウイスキーを飲まない」世紀の大失敗マーケティング
今更のことを書きますが、原爆を落とした敵国であるにもかかわらず日本人でアメリカを旅した人は多いと思います。私も深く意識したことはないですが、英語圏ですしハワイも有してますし、ラスベガスのようなお遊びコンテンツもあるせいかよく行きました。でもその旅の最中でバーボンウイスキーを飲んだという人はものすごく少ないと思います。私の肌感覚だと日本でアメ車に乗らないぐらい疎遠なこと。たぶんほとんどの人が「アメリカ旅=ビール」の記憶だと思います。

クラフトウイスキー メーカーズマーク サントリー

もちろんイギリスに行ったからスコッチウイスキーと限りませんが、フランスやイタリアのワインやシャンパンになると「あ、飲んだよ」という人が増えると思います。
ウイスキーはアルコール度数が高い飲み物なので日常的なお酒としては疎遠ですがメーカーズマークぐらい喉越しが滑らかで柔らかだと食事に合わせやすいでしょうし、マーケティングを間違わなければ今後は結構な確率でバーボンウイスキーを飲みたい人が増えると思わせる味です。
店頭価格はグロスで2,400円前後だけど…
本当にバーボンウイスキーを好んで飲まないタイプなんですが、これは美味しいと思います。たぶんアルコール臭が苦手な女性でも「これだったら飲めるかも」という喉越し。
そこで知り合いの酒屋経営者にネット価格を聞くと「マジかよ」価格。当初予想していない展開ですが箱買いすることにしました。

本気の箱買い

正直マズいものは買いません。
美味しいと思ったからの箱買いです。
6本(税・送込)9千円以下という激安価格で譲っていただきました。バーボンウイスキーを美味いと思って飲んだことが少なかったジジイにとってこの出会いはとても新鮮。しばらくメーカーズマークを楽しみたいと思います。
バーボン特有の複雑さを感じずシンプルな味で本当に美味しいと思います。
全然関係ないですが、この宣伝CMをしているのが小栗旬。CMを知らなかったのですが彼がウイスキーを嗜む姿はテレ東の「二つの祖国」で酒を飲み倒す姿を見た印象もあってかお似合いの印象。ご興味ある方はAmazonプライムとかで番組をご覧ください。ジャパニーズアメリカンとしての苦悩故にウイスキーに溺れまくる小栗旬をお楽しみいただけます。


0

コメント