PRIVATE RESERVE C.E.O. CANADIAN WHISKY 12[プライベート リザーブ C.E.O. カナディアンウイスキー 12年 ]

カナディアン
プライベート リザーブ C.E.O. カナディアンウイスキー 12年
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

久しぶりに年齢が書かれたカナダのウイスキーです。国によって売値に幅があるのですが12年という代物なのに日本ではわりと安く売っていたので買ってみました。製造販売元はフランクリン(Frank-Lin)・ディスティラーズというカナダではなくアメリカの会社。

これは2020年8月に飲んでいたウイスキーで棚の奥に追いやったまま忘れていました。2020年にアップしなかった残るウイスキーはワイルドターキーぐらいだと思います。これで2020年に飲んだウイスキーは全て打ち止めです。

もとい、サイトを眺めるとかなり手広く商売されているようで「日本酒以外なんでも売ってるじゃん。これだけ色んなタイプのお酒を扱ってるとなれば日本酒メーカーでダメそうな会社を1-2社買ってあげて」というぐらい多品種が揃っています。

Frank-Lin Distillers Products
Frank-Lin Distillers Products

同メーカーのカナディアンウイスキー商品として「8 Seconds」「Campbell & Cooper 」「Canadian Crown」「Potter’s Crown」「Western Canadian」が載っていました。日本人に馴染み深いのは以前メモしたカナディアンクラブかディアジオの「Crown Royal」なので日本では馴染み薄な会社だと思います。

Canadian Club 1858 ORIGINAL[カナディアンクラブ 1858 オリジナル]
本日はカナディアンクラブです。カナダのウイスキーといえば「カナディアンクラブしかない」と勘違いしそうになるぐらい店頭ではこれしか見かけない例のヤツです。たぶん20代に何度かお世話になっているはずですが、全く思い出せません。記憶に残っ....
C.E.O. カナディアンウイスキー 12年の感想

栓をあけると甘い香りが漂ってきました。ちょっと期待できそう。

まぁ「12年」と謳っているかぎりマズイわけないと思って開栓しますが、わりと低価格で且つ「着色公言のカナディアン」というイメージなので「実際のところどーなの」と思うわけですが、なんとなくうまそうな香りです。

真面目な話、たぶんカナダで作ってるはずですが、どこで密造してるんですかね。そういう情報が一切ない謎の社長(C.E.O.)です。。

国際評価 : 不明(見つけられず)

「プライベートリザーブ」という言葉はワインではよくきく「手間をかけた」みたいな意味だと思いますがアイスワインの故郷カナダですし、同じノリの表現ですかね。

C.E.Oはチーフエグゼクティブオフィサーではなくカナディアンエクストラオールドの略だそうです。つまり意訳すると「手間をかけて作った12年という(わりと)長期間熟成させたカナダのウイスキー」という感じでしょうか。

オーク樽で12年寝た味はいかほどか。

(着色かもしれないと知っていても)なんとなくそそる色味

実物の色はネットで出回っている広告宣伝の色より少し薄い感じですが、日本のコンビニで並ぶ安酒と比べればはるかに濃いです。おいしそう。

基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

12年のはずなんですが開栓時の第一印象はアルコール臭も甘い香りも軽い印象。全く攻めてきません。アルコールの刺すような感覚もほとんどなく大人しく上品な印象です。ストレートの喉越しはなめらかで飲みやすい。香りはバニラが少し、レーズンも少し、木質感も少しといった感じ。宣伝にはキャラメルやシェリーも書かれていました。私のバカ鼻だとシェリーを感じるのが精一杯でした。いずれにしても飲みやすいです。加水すると鼻に抜ける香りは減りますが口の中の香りは増す感じ。ロックも試しましたが喉越しがとてもよい。これは飲みやすい1本ですね。とても。
  • 初心者おすすめ度 : ★★★☆☆
  • アルコール感 : 刺すようなクセがないので気になりません
  • 喉越し : どんな飲み方でもおいしいと思います
  • 香り : いろいろな甘さが漂ってきますが全体的にライトな甘さです
  • リピートしたい度 : 飲みやすく、手ごろな値段なのでリピートあり得る

このウイスキーは初心者向きだと思います。たぶんハイボールにするとクセのないハイボールとしてガブガブ飲める仕上がりが予想できます。

ここではメモしてないのですが「カナディアンクラブ クラシック12年」の味にチラッと似た印象を受けました。もう少し甘さが際立てば自信を持って初心者おすすめの1本にしますが、少しスイート感が足りないので「★★★」です。気持ち的には「★★★+」か「★★★★」ぐらいあげてもいいかな。

このボトル、実は750mlなのでちょっとお得。

左がカナディアンCEO、右がモンキーショルダー(700ml)

このお酒、カナディアンウイスキーではありますが殆どがアメリカで消費されてるんじゃないかと想像します。しかしそのアメリカでもバーボンやワインなどにおされてさほど売れていないような気がします。でも個人的には悪くないですね。初心者向きの1本だと思います。

レビューを見かけないので敬遠されていると思いますが、偶然撮ったこの写真のモンキーショルダーのように口当たりの優しいおいしいウイスキーだと思います。

ごちそうさまでした。

0

コメント