Highland Queen 1561 AGED 30 YEARS[ハイランドクイーン 1561 30年]

スコッチ
Highland Queen 1561 AGED 30 YEARS[ハイランドクイーン 1561 30年]
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

過去にブレンデッドの「ハイランドクイーン」とシングルモルトの「ハイランドクイーンマジェスティクラシック」を飲んだ時に気になっていたプレミアシリーズの「1561」という30年ボトルとN/Aをようやく入手したので開栓の儀。

HIGHLAND QUEEN [ハイランドクイーン]
以前に同ブランドのマジェスティーをメモし、そのボトルは普段立ち寄らないスーパーで売れ残りな様子で売られていたものなのに最近やたらとアクセスが増え、トップ4にまでランクを上げております。このランクインが気になっておりました。
HIGHLAND QUEEN MAJESTY -CLASSIC- [ハイランドクイーン マジェスティ クラシック]
ニューヨークが新型コロナウイルスでロックダウンとか言い始めたころに初めて立ち寄ったスーパーであまり見かけないパッケージだったので手にとってみると「SINGLE MALT」「OAK CASKS」と書かれていたので買ってみました。

本当にずーっと気になっていました。

月に2-3度チェックしていたら、やはり入荷と同時に完売を繰り返すので「やっぱりコレってウマイんだろうなぁ」なんて思いつつ1年が過ぎ、今春とうとう入手。実は3本。

(春の話を真冬に…)

いやぁ、口に入るまでが長かった。

(もう12月やし…)

ずっと値段と在庫を追いながら「税送込み11,000円以下を見つけたら買う」と腹を括っていました。(具体的には忘れたけど)3月か4月にヤフーとLINE統合記念名目のキャッシュバックキャンペーンがあり、約40%還元率だったので「今しかないな」と思って3本買ったのでした。

(実質風に言えば1本6,600円。とにかく飲みたかった)

30年ものをこんなリーズナブルなお値段では飲めないのでございます。

特徴はブレンデッドでありながら「1982年蒸溜の30年以上熟成したモルト原酒75%以上と、78年と79年蒸留グレーンをブレンドし、最後はシェリーカスクフィニッシュ」というふれこみ。

なんで1万円程度のお値段で楽しめるのか謎。

(ガブ飲みして悔いのないお値段)

HighlandQueen Whisky - 30 Years Old Limited Ed.
Highland Queen : , Highland Single Malt Scotch Whisky

創業120周年記念ボトルなのに「いつまで記念品売っとんねん」となれば誰も目を向けませんが、いざ市場から消えると飲みたくなるのが人の心理。既に世界はコロナインフレですから1万円台で流通することは二度とないボトルのひとつ。

(そーいえばサントリーも値上げニュースやってましたね)

To celebrate the 120th anniversary of Highland Queen, we have decided to produce a limited volume of this exclusive 30 years old blend in the traditional manner.Our master distiller has taken a selection of top quality malts from 1982, and married this together with a selection of grain whiskies from 1978 and 1979. Highland Queen has always been renowned for the high percentage of malt used in its blends, and this is reflected in the 30 years old blend which has a malt content of over 75% ! This blend has then been recasked into sherry butts, which were widely used in the 20th century in the Scotch Whisky industry, and left to marry together for a further 6 months.

しかし示し合わしたかのようにノンエイジの「1561」が登場。これがまた気になる一品。

「1561」を冠してるので(勝手に)自信ありげな佇まいに見えますが、こちらの特徴は「ファーストクラス級のお宝モルトを60%以上ブレンドしてるぜ」と書かれています。マジか。

(ジュルジュル…よだれが…)

HighlandQueen Whisky - Highland Queen 1561
Highland Queen : , Highland Single Malt Scotch Whisky

(ただし熟成は10分の1の3年)

In respect of the heritage of Highland Queen, and in these times of mass production, we have elected to return to our origins to create our signature blend.

Highland Queen 1561 is blended with a high ratio (over 60%) of first class malts.

A high percentage of older malts have also been used in the blending to create an incredibly smooth and mellow whisky.

これが後継なんでしょうね。

実際は示し合わした登場ではなく「1561 30年」は2015年リリース、「1561」は2017年のリリースだそうで、つまり5年ぐらい前からずーっといつでも飲めたウイスキーらしいです。

(私が知らなかっただけ)

ということで今回は2つまとめてメモ。

ハイランドクイーン 1561 30年 の感想

本当に放ったらかしで埃が積もってます

モルト75%オーバー、グレーン25%アンダーという贅沢仕様。ワクワク。

国際評価
▪️IWSC International Wine & Spirit Competition 2014 金賞

ボトルラベルには「信じられないほど滑らかでスーパープレミアムウイスキー」と書いてあり、否が応でも気分が盛り上がって参ります。最後の一文は「あとはあなたの判断に任せる」と。

(残念ながらバカ舌なんだなぁ…)

基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

まずはストレート。グラスに注ぐ時点で視覚的に「とろみ」を確認。あきらかに美味しそうな雰囲気が漂ってきます。口に含むと申し訳ない程度にアルコールがツンツン刺すあの感覚があるものの、口内で永遠に転がしていられると感じるほど丸い印象。アルコール感は徐々に落ち着き少しずつ甘さを感じます。私のバカ舌が感じた甘さはシェリー樽香、梨、フルーツのシロップ漬。そして飲み込む時に僅かにハチミツのような甘さを感じます。フローラルな香りという説明にも納得。全体的に花の甘い華やかな香りの印象。ただしガツンとした押しは感じられず。トワイスアップは水っぽさが増す印象で×。個人的にはストレートがおすすめ。
  • 初心者おすすめ度 : ★★★★★
  • アルコール感 : 安物のアルコール感は一切ない
  • 喉越し : ねっとりした液体が喉を流れる感覚はなかなか経験できないよね
  • 香り : 梨、りんご、バニラ、フルーツのシロップ漬
  • リピートしたい度 : 勧められれば躊躇なく頂戴します

ぶっちゃけ以前飲んだウシュクベほどの感動はなく、それと比較してみると30年と言えど深みが足りない印象ですが、昔のモルト比率が高いスコッチウイスキーを味わうことが難しい時代にあってのことですから今のうちに1本買っておいて損はないと思います。ごちそうさまでした。

 

ハイランドクイーン 1561の感想

こちらも放ったらかしでうっすらと埃雪化粧が…

モルト60%オーバー、グレーン40%アンダーという(これはこれで)贅沢仕様。ワクワク。

国際評価
▪️IWSC International Wine & Spirit Competition 2016 銀賞

ボトルラベルの最初に「1561 is our signature blend. 」と書かれています。

言葉の表現はいろいろとございますが「ウイスキーが一番美味い状態のモルトをブレンドした」みたいなことですよね。先の30年と比べると準長老級モルトを束ねた感じ。

基本的に味音痴ですが喉越しが快いものを選ぶ傾向があるジジイの率直な感想…

まずはいつものように開栓時に全力で嗅いでみました。アルコール臭はほとんど感じられずフローラルで上品かつ優しい甘い香りが!この時点で「これもうまいやつだ」を確信。だてに「モルト60%オーバー」と書いてない。ストレートを口に含むと一瞬アルコールを感じますが、次の瞬間にはモルティが勝り、こちらも何分でも口に含んでいられるほど口当たりがなめらか。味も香りもリンゴ系を感じます。なんとなく焼きリンゴの印象ですが、あのベタっとしたコテコテの甘さではなく上品な残像感。先の30年が食べ頃を収穫したリンゴなら、こちらは更に数日若い状態を収穫した熟れてない印象。ロックの口当たりもあまり変化なく柔らか。
  • 初心者おすすめ度 : ★★★★☆
  • アルコール感 : 気になるけど邪魔には感じない
  • 喉越し : ストレートはアルコールを感じ、加水で少しマイルドへ
  • 香り : バニラ、リンゴ、梨、レモンのような柑橘系も少々
  • リピートしたい度 : 価格的に競合多数ながらモルト比率を知るとリピしたくなる

先の30年もこちらのNAも(ビター)チョコを食べながら飲むと美味しさが増す感じ。どちらもモルトがしっかりしているので濃い味のおつまみが似合う印象。ただしこちらは飲み比べると浅さが露呈するため飲むなら30年がおすすめめです。ごちそうさまでした。

(おまけの余談)

私が最後に見た広告でリーズナブル価格で在庫があったのが、やはりこちらの仕入れで有名なこの会社さんでしたが、これも目を離した隙に数日で消えていました。12月現在在庫が復活。昨今のインフレ具合+嗜好品ということで次にお目見えする価格が気になります。気になる方はお早めに。

コメント